現金を送る時のマナー・弔事

お葬式などで現金を送る時、うっかりすると使い方のルールを間違ったりします。先方に失礼のないように正しいエチケットを心得ておきましょう。
<上包み>
黒白の水引で「結びきり」にします。蓮の花模様の入った不祝儀袋は、仏式に限られますのでご注意下さい。たたむときは上の折り曲げを手前上にし弔事がありませんようにと、思いを込めます。
<表書き>
水引の上段中央に仏式なら「御仏前」「御香典」と書きます。神式なら「御玉串料」「御榊料」などです。キリスト教なら「御花料」「弥撤料」と書きます。「ご霊前」と書けばどの宗教でも通用します。
<中包み>
現金を送る時は中包みをしてから上包みをします。中包みの裏に金額記入欄がある場合は、そこに書きます。普通は表に金額を書きます。中包みがないときは半紙に包みます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。