お茶をすすめるときのマナー

お客様が見えたら、まずお茶でもてなします。でもちょっとしたマナーがあります。
湯飲みにお茶を注ぐ時に、茶たくに乗せたまま注ぐのは禁物です。湯のみにお茶を注いでから茶たくにのせるようにします。
お変わりををすすめるときは、茶たくごといったん自分の手元に寄せ必ず茶たくから湯のみをおろしてつぎます。

お客様の前にある湯飲みに直接注ぐのは「置きつぎ」といって良いマナーとはとは言えません。
日本人の暮らしと切っても切り離せないお茶です。
おもてなしにちょっとした心がけ大切ですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。