結婚式の平服とは

結婚式の招待を受けると招待状に「平服でお越し下さい」と断り書きがしてある場合がよくあります。「平服で・・・」とあるのは、なるべく簡素にという招待者側の心遣いですから、あまりビシッとした正装ではかえって失礼にあたります。しかし、普段着ではありませんからTシャツにGパンということではありません。

女性で和装ならつけさげや小紋など、洋服の場合は、ドレッシーなワンピースやスーツがふさわしいでしょう。アクセサリー小物を使って品良く着こなすことが大切です。最近は一般的にカラーフォーマルスーツでの出席が増えてきました。

男性なら白ワイシャツに黒っぽいスーツが適当でしょう。ネクタイは光沢のあるシルキータッチのものがフォーマルなムードになります。

ご夫婦そろっての列席するときは、二人の装いがちぐはぐにならないように気をつけましょうね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。